朝倉かすみさん
スペシャルインタビュー

NEWS
(メディア掲載・出演、イベント情報、書店情報)

11/15
 
北海道新聞にてご講演
https://www.hokkaido-np.co.jp/event/22390
11/24
 
朝霞市立図書館
「こんなふうに書いている」
12/4
 
 
北海道政経懇話会
「『平場の月』とその周辺」
http://kk.hokkaido-np.co.jp/news/201911.html

第四回北海道ゆかりの本大賞受賞!

Amazonランキング第1位(日本文学のほしい物ランキング)

こんな“大人の恋愛小説”は読んだことがない!と新聞、雑誌、Web、テレビで大絶賛!ジワジワと人気に火がつき、発売6カ月で10刷8万部!

「日刊ゲンダイ」(2018/12/18)/「朝日新聞」(1/13)/「読売新聞」(1/22)/「北國新聞」(1/26)/「南日本新聞」(1/27)/「熊本日日新聞」(1/27)/
「高知新聞」(1/27)/「北日本新聞」(1/27)/「東京新聞」(1/28)/「山陽新聞」(2/3)/「下野新聞」(2/3)/「神奈川新聞」(2/24)/
「毎日新聞」(2/27夕刊 3/19夕刊)/ 「週刊新潮」(1/3・10号、1/17号、5/30号)/「週刊文春」(2/28号)/「女性自身」(2/19号)/「anan」(4/17号)/
「週刊朝日」(4/26号)/「小説すばる」(1月号)/「小説宝石」(1月号)/「小説新潮」(2月号)/「読楽」(2月号)/「きらら」(2月号)/「新刊ニュース」(2月号)/
「ミステリーズ!」(2月号)/「ハルメク」(3月号)/「STORY」(3月号)/「SPRiNG」(4月号)/「本がすき。」(12/26、1/10)/「小説丸」(1/21)/
「神戸新聞NEXT」(2/8)/「WEB本の雑誌」(2/13)/「NHKステラ」(5/3・10日号)/「ひるまえほっと」(2/13 NHK)/「5時に夢中!」(5/30 TOKYO MX)/
「女性セブン」(7/4号)/「小説新潮」(7月号)/「オール讀物」(7月号)/「小説宝石」(7月号)/「今日ドキッ!」(7/3 HBC北海道放送)/
「タイプライターズ」(7/6 フジテレビ)/「Smile SUMMI」(7/11 FM NACK5)/「朝日新聞(読書面)」(7/13)/「ほっとニュース北海道」(7/16 NHK札幌放送局)/
「スポニチアネックス」(7/17)/「BURRN!」(8月号)/「女性自身」(8/6)号/「浜美枝のいつかあなたと」(8/4・11 文化放送)/
「ラジオビバリー昼ズ」(8/7 ニッポン放送)/「HERS」(9月号)/「北海道新聞小樽版」(7/18)/「北日本新聞」(8/3)/「埼玉新聞」(8/5)/
「女性自身」(8/6号)/「北日本新聞」(8/7)/「十勝毎日新聞」(8/10)/「デーリー東北」(8/11)/「島根日日新聞」(8/20)/「エクラ」(9月号)/
「SUNNYSIDE BALCONY」(9/18)/「GLOCAL KYOTO」(9/18)/「hanashikaの時間。」(9/19)/

反響続々!メディアで紹介

作家からの声

椰月美智子氏 これぞ作家がゾーンに入った小説!解き放たれた朝倉かすみを体感せよ!!丸山正樹氏 今、読み終わりました。すみません、感想は言えません。読んだ、しっかりと読んだ、それだけです。口を開こうとしているのに、うまく開いてくれないんです。何だか自分の顎じゃないようにがくがく動いてしまって、うまく言えません。しっかりと、読みました 宮下奈都氏 今さらながら、山本周五郎賞『平場の月』はほんとうによかった。ささやかな場面がひとつひとつ息をしていて、須藤という主要登場人物が非常に魅力的で、いやだ、いやだ、と思いながら読むんだけど(理由は読んだらわかります)、特に魅力的ではない、悪かったりだめだったりする人物たちにも小さな光があって、みんなそれぞれほのかにいとおしい。もうちょっと生きてみようか、と思わせてくれる小説だった。うまくいえないけれど、読み終えて放心したあとに、もうちょっと生きてみようか、という感情が自然に湧き上がってくるのだ。朝倉かすみさんの文章のうまさには初期の『田村はまだか』で驚愕した人も多いと思う。比喩が素晴らしく軽快で、形容詞の的確さといったらなくて、これがセンスってやつかとしみじみ思った。

書評家からの声

吉田伸子氏、岡崎武志氏、中江有里氏、瀧井朝世氏 吉田伸子氏、岡崎武志氏、中江有里氏、瀧井朝世氏

書店員からの声

  • いとしい。
    ただただいとしい。
    その距離感までもいとしい。

    うさぎや矢板店
    山田恵理子

  • 読んでいる時ではなく 思い返した時泣きたくなります。

    未来屋書店 福津店
    出田由美子

  • もしかしたら、とそうでない結末を望みながら読んだ。

    TSUTAYA ウイングタウン岡崎店
    中嶋あかね

  • いくつになってもジタバタ足掻いて生きていくしかない。

    東大生協
    佐藤直子

  • 「夢みたいなこと」が起こらないことが、とても悲しいと思った。

    SuperKaBoS 鯖江店
    峯森和代

  • 大人だって、中高年だって、世界の中心で愛を叫ぶのだ。

    紀伊國屋書店 広島店
    池田匡隆

  • じわじわと染みの広がるような寂しさを今噛みしめている。

    水嶋書房 金剛店
    浦辺千栄子

  • ふたりはやっぱり幸せなんだと思います。

    紀伊国屋書店 さいたま新都心店
    横山三智子

  • 歳を取ってもこれだけ誰かを想えるのっていいなぁ。
    その先に死があったとしても。

    ブックエース 上荒川店
    加藤里美

  • 相手を想うだけでなく、想う気持ちですら慈しめる琴線に触れる本。初めて恋愛小説で読み返したいと思いました。

    明林堂書店 南宮崎店
    河野邦広

  • 人生の半分を過ぎて、ひっそり始まった等身大の恋愛。歳を重ねて良かったと思える作品。

    紀伊國屋書店 セブンパークアリオ柏店
    田島奈穂子

  • 二人の結末がわかっているのに、じわじわドキドキせつなさが止まらなかった。

    柳正堂書店 甲府昭和イトーヨーカドー店
    山本机久美

  • 当店で大展開しています!たくさんの人に『平場の月』が届きますようこれからも応援しています。

    明文堂書店 富山新庄経堂店
    野口陽子

  • 「夢みたいなことをね。ちょっと」
    このセリフはしばらくの間、涙腺を緩ませるキラーワードとなりそうです。

    BOOK BOX 文華堂
    室井友佑

  • いくつになっても人は互いの心の間合いを正確に測りきれなくて、それでも誰かを求めてしまう。

    リーディングスタイルあべの
    森口俊則

  • 誰かに頼ることに悩んだりこんなにも考える日がいつか自分にもくるのだろうか。
    誰かを支えたいのにそれを拒否される哀しさ虚しさを味わう日がいつか自分にもくるのだろうか。

    青山学院購買会 AGU bookcafe
    鈴木沙耶

読者から感動の声続々

  • 最初から結末はわかっていたのに、
    もう、ほんとに…もらい泣きしちゃったじゃないの。
    (59歳 学習塾講師)

  • 一番辛い時に側に居たかっただろうし、
    居て欲しかっただろうと思うととても切ない。
    深く心に沁みる本だった。
    (50歳 パート主婦)

  • 久しぶりに読書の醍醐味を感じた。
    華やかさはなく、しっかり根付くよな関係で、
    ちょうどいい距離感。
    羨ましくて嗚咽がもれた。
    (47歳 主婦)

あらすじ あらすじ

著者プロフィール

朝倉かすみ
1960年北海道生まれ。2003年「コマドリさんのこと」で第37回北海道新聞文学賞を、’04年「肝、焼ける」で第72回小説現代新人賞を受賞し作家デビュー。
’09年『田村はまだか』で吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に、『ロコモーション』『恋に焦がれて吉田の上京』『静かにしなさい、でないと』『満潮』など多数。

好評既刊本